春のイベント

  • 飛騨高山雛まつり 3月1日から4月3日
  • 雫宮祭 3月中旬
  • 飛騨生きびな祭 4月3日
  • 我楽多市 4月第1日曜日
  • 飛騨高山きものさんぽ 4月中旬から5月下旬
  • 新緑の赤い中橋ライトアップ 4月上旬から5月上旬
  • 春の江名子川ライトアップ 4月上旬から5月上旬
  • 春の高山祭 4月14日と15日
  • 栃尾温泉桜まつり 4月下旬から5月上旬
  • 飛騨国府季の里さくら祭り 4月中旬から下旬
  • 美女高原水芭蕉祭り 4月下旬
  • 荘川桜ライトアップ 4月下旬から5月上旬
  • 久々野町久須母橋鯉のぼりの吹流し 4月下旬から5月上旬
  • 飛騨高山端午の節句 5月1日から6月5日
  • 野麦峠山開き(安全祈願祭) 5月1日
  • 我楽多市 5月第1日曜日
  • 春の清見クラフト展 5月上旬
  • ひだ桃源郷くぐのアマゴ釣り大会 5月上旬
  • 飛騨国分寺 八日市 5月8日
  • 播隆祭(北アルプス飛騨側山開き) 5月10日
  • 乗鞍スカイラインオープン 5月15日
  • 乗鞍山麓五色ケ原の森開山祭 5月20日
  • 野麦峠まつり 5月下旬
  • 飛騨の味まつり 5月中旬
  • 我楽多市 6月第1日曜日
  • 飛騨高山ウルトラマラソン 6月第2日曜日
  • 飛騨国分寺 八日市 6月8日
  • 泣きずもう大会 飛騨高山場所 5月下旬
  • 奥飛騨温泉郷 露天風呂の日 6月26日

雫宮祭

地酒と神輿のまつり。迫力ある神輿が町を練り歩きます。新酒の完成を祝い、五穀豊穣を願い、飛騨の若人が「酒樽神輿」を担ぎます。自分たちで育てた酒米で造ったお酒「神のしずく」を当日限定で販売・振舞います。

新酒完成の祝いと五穀豊穣(ほうじょう)を願って、飛騨の若者が「酒だるみこし」を担ぎ、高山の町を練り歩お祭りです。
実行委員会のメンバーは、全て有志で集まった若者で構成されており、毎年その規模も、少しづつではありますが、大きくなっています。
また、自分たちで作った酒米を使い、祭の神酒「神のしずく」を作り、当日限定で販売、振る舞いを行っています。

出典:高山市公式観光サイト:雫宮祭|イベント|ぎふの旅ガイド:雫宮祭オフィシャルブログ

開催期間 3月中旬 第2日曜日or第3日曜日 10:00~16:00
開催場所 飛騨一宮水無神社、櫻山八幡宮、高山陣屋前広場、宮前橋河川敷会場 他
アクセス JR高山駅東口から徒歩約10分(高山陣屋前広場)
お問い合せ 実行委員会 TEL(0577)32-0380 (高山商工会議所内)

飛騨生きびな祭

生きびな

女性9がひな人形のような伝統的な衣装で行列します。

飛騨一円より選ばれた未婚の女性9人が、平安朝の衣装をまとい、町内を練り歩く生きびな行列が見どころです。

神事の後には、生き雛様たちによる「餅まき」や写真の撮影会も催され、見ている人たちにも喜ばれています。

高山市出身の小説家、米澤穂信さんの小説「古典部シリーズ」を原作としたTVアニメ「氷菓」最終話で、生きびな祭がモデルとして描かれました。

出典:飛騨一之宮 平安絵巻 ~平安朝にタイムスリップ、艶やかな生きびな祭り~:飛騨生きびな祭|高山市公式観光サイト:飛騨生きびなまつり|岐阜の旅ガイド

開催期間 4月3日 10:30~16:00
開催場所 飛騨一宮水無神社
アクセス

JR飛騨一ノ宮駅徒歩8分
※JR飛騨一ノ宮駅は特急列車が停車しないため、JR高山駅からJR飛騨一ノ宮駅まで普通列車で戻る必要があります。

お問い合せ 高山市一之宮支所 電話0577-53-2211

我楽多市

我楽多市

我楽多市で掘り出し物を見つけられるかも。古い町並みからも近いので観光がてら、お得に食器や小物を購入できます。

さんまち通りが歩行者天国になって市内の古美術商約20軒が露店を出します。

木工作家たちが集まる飛騨の木工房の会による木工品も展示販売されている。

年代物の食器や家具、生活道具から陶器や人形なんかもあります。

出典:我楽多市(がらくたいち)|高山市公式観光サイト:我楽多市|岐阜の旅ガイド:我楽多市に行ってきました。

開催期間 4月から10月までの第1日曜日
開催時間 9:00~16:00
会場名 さんまち通り
住所 〒506-0846 岐阜県高山市上三之町
電話番号 0577-36-1011 ((一社)飛騨・高山観光コンベンション協会)
アクセス JR高山駅東口より徒歩約10分
HP 公式サイト

春の高山祭

高山祭 春 屋台

ユネスコ無形文化遺産に登録された日本三大美祭のひとつ「高山祭」(日本三大美祭には京都の祇園祭、埼玉の秩父夜祭)。高山祭とは春の「山王祭」と秋の「八幡祭」、2つの祭をさす総称で、高山に春の訪れを告げる「山王祭」は、伝統的な屋台が12台曳き揃えし、からくり奉納が見所です。

14日夜の夜祭は、昼とは異なる幻想的な雰囲気が魅力。それぞれ100個もの提灯を灯した各屋台が町をゆっくりと巡り、順道場を過ぎると「高い山」という曳き別れ歌を歌いながら各屋台蔵へ帰っていきます。ゆらゆらと光の軌跡を描く提灯と、漆黒の町並みのコントラストは格別の美しさです。

旧高山城下町南半分の氏神様である日枝神社(山王様)の例祭です。

「山車」や「曳山」のことを、高山など中部地方の一部では「屋台」と呼ぶ。

出典:春の高山祭|高山市公式観光サイト:春の高山祭|岐阜の旅ガイド:高山祭|wiki

開催期間 毎年4月14日~15日
開催時間 9:30~16:00
会場名 旅所前広場(高山陣屋前)、神明町通り 、本町1丁目 他
住所 岐阜県高山市城山 他
電話番号 0577-32-3333 (高山市観光課)
アクセス JR高山駅より徒歩12分